スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園

 
 

青い空、白い雲…煌めく海、広がる砂浜。
リゾート地として有名な南の島・ジャバウォック島に修学旅行で訪れた希望ヶ峰学園の生徒達だったが、
学園長・モノクマによって島に閉じ込められてしまう。
島からの脱出を条件に、コロシアイをすることを強いられる生徒達。
渦巻く疑心。見えない狂気。極限状態のなか、超高校級のコロシアイが始まる

スーパーダンガンロンパ2はPlaystationPortableで2012年7月26日に発売されたハイスピード推理アクションである。

前作、ダンガンロンパ。。。。は新規IPのアドベンチャーというヒットは難しい枠組みの中で廉価版込みで十万本を超えるスマッシュヒットを記録した。xbox360で発売、その後たくさんのハードに移植されたシュタインズゲートと同じく、ネット上での口コミが広がってヒットに繋がるというパターンだったと記憶する。

前作、ダンガンロンパ
数多くのゲームをフューチャーしながら作り上げられた非常に楽しいお祭ゲーム。
ご存知、その後の乱発も有名なシュタインズゲート
先が非常に気になる部分で終わる体験版も売上に大きく貢献した

ダンガンロンパがウケたのは先の読めないストーリー、個性的なキャラクター、もあるが、一番はその演出だろう。

逆転裁判をフューチャーしたようなキャラクターの激しい動きとSE、会話のノリとテンポの良さ、学級裁判時などはポンポンとミニゲームを交えながら我々を飽きさせない。アメリカのアニメ映画などは無音のシーンは盛り込まないというが旧態依然したアドベンチャーゲームを邦画とすると、ダンガンロンパは洋画的とでも言えるか

続編となるダンガンロンパ2では、更にテンポに磨きがかかった

前作には無かった新アクション「反論ショーダウン」
右に左に現れる相手の反論を方向キーで投げるナイフで斬っていく
ゲージが拮抗すると突然鍔迫り合いという連打モードに入る
これがまたなんというか、、、パチンコ的演出

ゲームのメインである学級裁判をプレイしていて思うのは、非常にパチンコである、ということ
別に必要のないところで連打せよ!とかボタンをタイミングに合わせて押せ!とか、派手な画面演出と無駄なボタン操作共通しているのは飽きさせないという点

公式による学級裁判紹介PV
テンポの良さ、パチンコ臭さがわかると思う

パチンコの場合はそもそもボタンを押そうが押さまいが結果に変わりはないのだが、その辺はゲーム、ミスがあると体力ゲージが減ってしまいにはゲームオーバーとなる。

image0801201003新アクション「ロジカルダイブ」
難しくなってくると考える余裕なくヤマカンになるのが少し…
image0801201001「反論ショーダウン」はナイフの軌道がわかりづらく
少しイライラさせられた

個々のゲームに着目するとしょーもないものばかりなのだが、学級裁判という大枠の中でテンポよくポンポン出されるとそれも気にならなくなってくる。「反論ショーダウン」だけを学級裁判中に何度も何度もやらされたら実際のナイフでPSPを破壊しかねないが、時々顔を表す程度なら許してあげられる。

色々なゲームをやらされるが本編には関係ないミニゲームなどという扱いとは違い、あくまで本編中の一コマ=ミニゲーム自体がストーリー進行となっているので、やっていることはシューティングやアクションといったアドベンチャーとは全く関係無いものでも、ハチャメチャなストーリーとテンポの良さがミックスされ場違い感が出ない

image005かといって本来のミニゲーム自体も搭載しているのが
ダンガンロンパ2スタッフの抜け目ないところ
image0818004意外と遊べるのが「ミラクル☆モノミ」
クリア後もユーザーの心をなかなか離さない

🙁 少し気になるのは、ミニゲームの中の反論ショーダウン。これはルールもわかりづらいし、地味に難しい。何度もやり直しさせられるのは仕方ないが、方向キーに応じた軌道でナイフをぶつけるだけじゃなくタイミングもしっかり図らなきゃならないのは、そこまで本格的にしなくても良かったのではないか?とも思う。 🙁

また、ミニゲームだけでは無くゲーム内ゲームを盛り込むことで、更にそのハチャメチャ感が増している。
その中身もおっさんユーザーをニヤリとさせる古き名作トワイライトシンドローム。これを持ってくるとは…

image0813001まさかのトワイライトシンドローム
これ、怖いゲームなのですよ
image0813008今度は脱出系ADV
もうなんでもありってことね

 ストーリーも相変わらず全く先の読めない内容に、前作にも負けない濃いキャラクター群。
このキャラクター、世界観を毛嫌いする人で無ければジェットコースターのようにラストを迎えるだろう。

 

それでは総評。

 

 

※皆、大好きな某雑誌形式でレビューします。
採点は上から順に、映像、ストーリー、UI(ユーザーインターフェイス)、GAMEPLAYの評価となります。

 

 

 

スーパーダンガンロンパ2
さよなら絶望学園

jp0365npjh50631_00dangan2000master_jacket
playstationportable
ハイスピード推理ACT

2012年5月24日発売
南の島でサイコトロピカルなコロシアイ!!仲間を殺した犯人(クロ)だけが卒業できる…再び巻き起こるコロシアイ学園生活!!
目まぐるしい展開に派手な演出。逆転裁判を模倣したキャラクターの激しい動き。初代に比べて多少アップしたグラフィック、映像特典と、ユーザーを楽しませる、飽きさせないことに対してのスタッフの意地を感じる。PSPのADVでここまでやれば上出来の上の上だ
初代と同じくさっぱり先の読めないストーリーだけに進めば進むほど先が気になる。ただラストになるにつれ前作の経験が無いと困る部分があるのはマイナスか。何でも有りの世界をまとめるにはこうしなきゃならなかったか、いやでも面白いから良いのだ。
前作とは違い舞台が広くなっただけにマップから直接指定して移動できるのは嬉しい機能。セーブ数もレスポンスも問題なし。歩数計によるミニキャラクター育成など無駄なことにも意味があり、ワープしないで背景を楽しみたい人へも特典が用意されている。GOOD
前作から今作と、強引な勢いで突っ走った末、見事に完走した印象。所々にセンスを感じる内容に二作で完結してしまったのが非常に惜しまれる。次作があるとするなら完全新規か、時間がかかりそうではあるが、またとんでもないものを引っさげて来て欲しい。

 

総合評価:A

 

※この後は酷く強烈なネタバレ満載後日談となります。
これからプレイ予定の方は絶対観ないようお願いします。(見たい方は↓をクリック)。

 

続きを読む

 

クリア後。

それにしても、ここのスタッフは本当に江ノ島盾子好きなのね~っと改めて思った

 

image20130201010またおまえか…
数年越しの新作では見たくなかった顔
dangan2チャンスアップ演出。
4連続での期待度は80%!とでも言いたくなるほどパチンコなり

実は世界そのものがヴァーチャル世界でしたー。ってのは驚きは無いのだけど主人公そのものが伝説のなんじゃらでうんぬんかんってのは想定してなかった。僕自身は読んでないのだけど、ネタ的には小説版から来てるとか

image1004009実は主人公ただのもやないんです
ニートに悪魔が乗り移ったらこんな感じになりそう

前作は色々と投げっぱなしってたので、今回はその反省を活かしとりあえず全て説明はしたのか。
とはいっても、何でもありの世界観で真面目な考察する意味は… いや、やってる人達もたくさんいるのでノーコメントにしておこう

ところで、4日目のプレイ日記にも書いた超高校級ゲーマーの存在やっぱりインチキキャラだったね!

image20130201002超高校級ゲーマーのくせに高スペックすぎると思ったらやはり特別なキャラでしたっ
確変確定演出!ってもうパチンコからは離れよう

ラストの展開に前作キャラを持ってきたのは前作をプレイしていない人には辛かったと思うけど、まぁラスボス自体が前作のキャラだし、新規の人をそれほどターゲットに置いていなかったのかな?

ここまでやっちゃっうと次はどうするのだろう?って全く想像つかないけど、個人的にはVITAでの展開希望。3DSは客層違いそうだし、まさかHD機ではいかんだろう。でもAndroidとかiphoneで新作だけは勘弁して(笑)

それでは後日談終了です。お疲れ様でした。

 

記事をたたむ