Dragon’s Dogma ドラゴンズドグマ

平穏な漁村“カサディス”に住む主人公は、いきなり来襲したドラゴンに宣告される。

「お前こそ、選ばれた者だ」

なぜ自分なのか?なぜ、倒さねばならないのか?
その答えは、ドラゴンが知っている…。
来襲したドラゴンは主人公の体から心臓を奪い取る。

しかし、主人公は蘇る…。
竜を倒す運命を課せられた“覚者(かくしゃ)”として。

ドラゴンズドグマはplaystation3,xbox360で2012年5月24日に発売されたオープンワールドアクションゲームである。オープンワールドアクションとは所謂オブリビオン、スカイリムに代表されるような広い世界を決められた道では無く自由に動き回れるゲームを指す。

オープンワールドといえばコレ。
スカイリムはジャンルの頂点といってもいいソフト 
スカイリムに比べるとドラゴンズドグマの世界は手狭と言えるかそれでも充分歩き回るには広すぎる世界


また、オープンワールドとは、単に世界を隅から隅から移動できるといった意味に加え

自由に自分の人生を生きることができる、といった意味もあるのだろうか

例えば、盗賊ギルドに所属して盗賊として人生を全うしたり、可愛いあの娘と結婚して家を買って暮らしたり、本筋となるメインクエストはもちろんあるのだが、ゴールだけを定めて、そこまでは自由にしていいですよといったものである

その点、ドラゴンズドグマは違う。
他人の家の中にある物を盗んで捕まったその後、泥棒の人生を歩むことなんてできないし、町人を殺害しても暗殺ギルドからお声がかかったりはしない。

王妃の寝室に侵入し、目の前でベッドを漁る主人公
 見事1,000Gゲットだぜ!
そのくせに城内で悪いことをすると投獄されたりもする。り、理不尽ではないか… 


初めての場所に行けば人の家だろうが城の中だろうが王様が目の前にいようとアイテムを漁る、それで捕まったりその後のプレイに重大な影響を及ぼすことは全く無い。

これはなんですか?オブリビオンなんですか?と聞かれれば違う、これはドラクエなのである。

ドラゴンクエストの世界は盗み放題、誰もが盗賊天国である
盗賊、という職業があること自体がギャグとしか思えない 


しかし、城内で盗みをすれば捕まる、王様に殴りかかっても捕まる。まぁ、投獄されても簡単に出られる上にそのまま警備兵の前を通り過ぎても何も言われないのだが。

要はオープンワールドのエッセンスだけを上手く抽出しているのだ。
恐らくオブリビオンのような厳密なオープンワールドを多くの日本人は好まないだろうと判断してのことだと思う。

ストーリーメインの日本的RPGをオープンワールドという鍋で調理して出来上がったもの
それがドラゴンズドグマなのではないだろうか。

ドラゴンズドグマはカプコンの中でも相当な予算をかけたと言われているが
その通りグラフィックもイベントもよくできている。

ドラゴンズドグマのグラフィックはなかなか美しい
上下の枠線やフレームレートの落ち具合などは努力の跡か 
とあるクエストの一コマ
何気ないクエストなどにも意外に力を入れているのが偉い


キャラクターエディットも海外製のアレコレとは違い、日本人好みの顔を作りやすい

ブスや不細工で冒険しなくても良い。日本メーカーの安心感である。

ドラゴンズドグマを語る上に置いて外せないポーンというシステムも面白い。

リムを通じて覚者に付き従ってくれるキャラクター、それがポーン
外見も中身も自分で好きに設定できる 
オンラインを通じて他人のポーンと貸し借りすることができ
アイテムや装備品をプレゼントすることもできる 


直接フレンドを誘ってco-op(協力プレイ)、また知らない人と一緒に冒険をしたい。

そんな期待をしていた人もいるとは思う。現に自分もco-opがあれば友人とやっていただろう。

だがより多くの日本人に受けるのはこっちなのだろう
自分の分身とも言えるポーンを他人が勝手に借りることができ、勝手に評価されて帰ってくる。
そこに直接のやりとりは存在しない。フレンド登録はしたい人がすれば良い。

他人とのコミュニケーションで生まれる軋轢をなるべく避けるシステムになっている。
実に日本的だ。 ドラゴンズドグマはFPSで毎日戦場を駆け巡っている人がターゲットでは無いのだ、一人シコシコレベル上げを楽しむような我々大多数の日本人がターゲットなのだ。

誰にも迷惑かけないから欲望のままに作っていいんだ~
なんてのも自由だが、その後誰も使ってくれない孤独を知ることに 

 


ドラゴンズドグマは他のオープンワールド系RPGの多くが手を抜いた部分にも力を入れている。


 


緊張感溢れるドラゴン戦はウリの一つ 
 攻撃の激しさに比例してフレームレートの落ち具合も上昇

 

まずはアクション。
上級職を含む9つの職業は職業ごとにスキルが用意されており、自由にジョブチェンジをしながら物語を進めることができる。それぞれ使い勝手がかなり違い、いろいろな動きを楽しむことができて非常に面白い。

 

メインクエ中の一コマ
序盤から関わるメルセデスさん。彼女にはもっと光を当てても良かったのでは… 
日記でも紹介したサイクロプスの餌やりクエスト
 変わった趣向もあり面白い


それにメインクエスト

JRPGの見せ所と言うべき物だ、当然力が入っている。というかこれに力はいってなかったら困る。サブクエストもただのお使いだけに留まらず、前述したような専用のムービーが用意されているものも有るなど力を抜いていない。

ただクエストを達成するため、あちこちを旅することになるのは良いが所謂ワープゾーンといったものがほとんど存在しないのは問題だ。確かに中盤になるとワープポイントを増やすアイテムが登場するのだが、少ない。

ドラゴンズドグマの世界は広く広大、といった程でも無いがそれなりに広い
ワープアイテムの少なさは謎だ。もしやプレイ時間の嵩増しなのか 


メインのシナリオは基本的に一本道の上、セーブデータは一つ

オートセーブの為、操作ミスの後オートセーブされてしまい泣きを見る、といったことも起こりえるかもしれないのは危険だが、複数セーブにしなかったのはなるべく二周して欲しい、との開発スタッフからの気持ちなのかもしれない

それでは、総評します。

 

※皆、大好きな某雑誌形式でレビューします。
採点は上から順に、グラフィック、ストーリー、UI(ユーザーインターフェイス)、GAMEPLAYの評価となります。

 

 

 

Dragon’s Dogma
ドラゴンズドグマ 

playstation3,xbox360
オープンワールドACT

2012年5月24日発売
小説でもない。映画でもない。永久に語り継がれる冒険を、ゲームから。アクションに、かつてない自由とリアルを。恐怖まで、気高さまでが、元来の姿で、襲いかかってくる伝説の怪物たち。何年経っても思い出して心わきたつ。
上下に枠線、当たり判定を調整するなど開発陣の苦労が見える分グラフィックは綺麗に表現されている。巨大ボスとの戦いなどフレームレートのオチは激しいが、もはやこれの解決は次世代機を待つしか無いか。ムービーもストーリーの演出に一役買っている。
 この手のジャンルのゲームにストーリー性を求めてはいけないのはわかっているが、それなりに良くまとまっている。序盤、中盤ときちんと見せ場を置いて終盤へと繋げ、ラストの展開は正にJRPG。ただ言いたいこともあるが
セーブ枠が一つの上にオートセーブはプレイへの緊張感を生むがデメリットの方が大きいか。マップ呼び出しも1ボタンで行けないので微妙なストレス。ワープポイント作らないのならせめて馬、エポナでもラーミアでもいいから乗り物に乗せて欲しかった。
粗は目立つが日本メーカーが作ったオープンアクションRPGとして充分に面白い出来。オブリビオンが肌に合わなかった人でも楽しめる要素が詰められている。毛嫌いして手を出さないのは勿体ない。是非プレイすべき 

 

 総合評価:A 

 

※この後はネタバレを含みます。これからプレイ予定の方は観ないようお願いします。
 クリア後の方は↓をクリック

記事の続きを読む

ところで、何日目の日記だろう。
六日目か、あそこに書いたことなんだけど


『・・・わたしはアスピック。永遠の命をもつ呪われた蛇。
 殺されても殺されても殺した人間に乗り移り
 身も心も奪い取ってしまう悪魔の化身。
 永遠の命を持つがゆえ、
 永遠に戦い続けなければならない悲しみを・・・。』


アスピックのラスト。

その時は「まさかこんなラストにはしないだろうなぁ。現に竜を倒した王様もいるし」なんて言っていたけど、、、微妙に近かったね!

しっかり世界の謎を説明してくれる界王様
はた迷惑な竜を生み出していたのはこの人。しかも理由は慣習だとか 
格好良いこと言っているが「いっちぬーけたっ」ってやつじゃないのか
後はよろしくー、とか言われても… 


いまいち腑に落ちないのだけど、界王は竜を生み出し人間を虐めて、その竜(世界)を打ち破ろうとする意思を持つ者を覚者として不老不死にする。そして自分のところに辿り着くのを待ち、辿り着いた時は界王の役目を譲ってリディアだっけ?神を殺せる剣とやらで殺してもらう。

じゃあなんでこんなことしなきゃならんの?界王も竜もいない方が平和でいいじゃん
という疑問には「世界はそういう風に回ってきた」って言い回しだった。

その慣習に疑問を持つことをしないのも不思議だし
もし真実ならばあっさり自殺しちゃった主人公の世界はアレで大丈夫なのか

突然二週目のラストに現れるいつぞやの界王様
言うことは一週目のお兄さんと同じ 
ええ~、あたしこんなのいや~。自殺しよっと」
一瞬で責任放棄する覚者様。これが現代の若者か 


主人公の行動が正しいのであれば、今までの界王がしてきたことってのはただの人類虐殺になる。

偉そうに「円環の輪が~」「覚者のさだめ~」 とか言いながら、ただのアホでした。そんなオチでいいのかっ

やっぱり、、深く考えないでね!ってことなのかな
ゲーム自体はとても面白かったので良いけど、これがノベルゲーだったらやばかったね。

なにはともあれ、ネタバレ後書きもこれで終わりです。
クソ長いレビューを読んでくれた方、お疲れ様でした。 

 

記事をたたむ