日本ハム栗山英樹監督(59)の来季続投が17日、正式決定した。都内にある日本ハム東京支社で行われたオーナー報告の席で、畑佳秀オーナー(62)から1年間の契約延長の要請を受け、受諾した。来季で就任10年目となり、連続在任期間は自身が持つ球団最長を更新。2年連続の5位から5年ぶりの覇権奪回へ非情采配をいとわず、本能の赴くままに厳しさを前面に打ち出すことを誓った。

覚悟を決めた。就任10年目は非情に徹する。来季続投が決まった栗山監督は、前だけを見据えて言った。

栗山監督 自分も、チームにも足りないものが正直ある。それは、はっきりと口にする。情は全て捨てて向かっていく。今回に関しては、それが僕の責任だと思う。三原さんやいろんな人が(采配は)「情は3割」って言うけど、それでも(もっと)殺さないといけないのかもしれない。