diary game

Nintendo Laboとやら

つくる、あそぶ、わかる、『Nintendo Labo』の一連の体験は、段ボール製の工作キットを組み立て、「ピアノ」や「つりざお」「バイク」「ロボット」など「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを自分の手でつくるところから始まります。

工作とビデオゲームが融合し、Nintendo Laboの「Toy-Con(トイコン)」とNintendo Switchの「Joy-Con(ジョイコン)」が共鳴し合うことで生まれる新しいあそびにご期待ください。

What’s Nintendo Labo? – 「Nintendo Labo」って?| Nintendo Labo | 任天堂

 

型に切り目が入ってあるダンボールを切り取って、コントローラーと本体を合体させて遊べということですね
それが釣り竿だったりピアノだったりバイクだったりになる、と

うーん。オジサンにはまったく必要の無い遊び方ではありますが

ただ子どもが遊ぶと仮定しても、昔のゲーム機と違ってSwitchは高精細な液晶乗っけたマシンなだけに、作業中に落っことしたとか、ぶつかったとか、細かい事言えば、このダンボールの粉が隙間から入るだけでも、僕なんかは壊れてしまわないかと怖い気分になるのですが

どうもSwitchは身近でも故障報告を聞いたりしているだけに、NintendoLaboが元でお子さんの大事なSwitchが壊れることが無いよう祈っています

 

DARK SOULS2の続きをプレイするつもりが何故かライトニングリターンズをプレイしちゃったりしてます

時間制限があったりと不思議なRPGです
ストーリーは不思議を通り越して意味不明ですけど、戦闘は面白いです戦闘は

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください